デパ地下の洋菓子

デパ地下にはお菓子がたくさん売っている。和菓子も洋菓子も、だ。
和菓子はけっこう老舗の店舗がどこのデパートへ入っても入っていて、あまり目新しさを感じることはできないけれど、洋菓子の売り場は、デパートによってラインナップがかなり異なる。
もちろん某有名なチョコレート菓子店や老舗の洋菓子店は、どのデパートに行っても売り場があることもあるけれど、このデパートにしかないお菓子もたくさんあるのだ。
そのお菓子を目指してわざわざデパ地下巡りをすることはないけれど、そのお店のバリエーションは瞬く間に増えたと思う。
私はお菓子をデパ地下で買うときは、何かのお使い物に使うときくらいだ。そのお店も重要だけれども、買った場所(どこのデパートか)で、少しは見栄もはれるような気がするからだ。
今は不景気のまっただなかであるけれど、デパートも地下の洋菓子・和菓子売り場だけはいつでも混んでいるような気がする。
売り場もいつも同じではなく、期間限定で出展しているお店も少なくない。そうすると、そういった珍しいお菓子が好きな消費者は思ったよりもたくさんいて、みんな休日ともなると、デパ地下の新しいお菓子売り場に長い行列を作って並んで買う。
私はいくらおいしそうに見えても、並んでまで買って食べたいと思ったことはないから、その心理はあまりわからない。
しかも洋菓子もブームがあって、いっときブレイクして山のように売れた商品もまた、次の流行に押し流されていつの間にか忘れられてしまうことだってよくあることだ。
どうしても食べたかったら、そのブームが去ったあたりに、こんな味だったのかとしんみり食べるのも悪くない。
デパートの地下はとにかく、ものがありすぎて、商品を選ぶのも困難だ。逆にありすぎて「これを買う」と目標を持っていかないと、自分を見失ってしまうような気がする。
デパートに限らず今は、お菓子はどこでも気軽に買えるようになった。出展した分、売れているのかどうかはわからないけれど、水面下では激しく動きがあるのだろう。