競輪はレジャーで一番楽しい

公営競技の種類では、競馬や競艇がありますが、競輪もあります。競輪は、競輪場で競技を行い、1日のレースでは、10回から12回します。全国には、約40か所の競輪場があり、毎日、どこかの競輪場でレースを行っています。競輪は、自転車で競技を行うのですが、1レースは9人の競技者で争い、1着をめざしてゴールまで漕いて進みます。レースの発送まで車券を購入する必要があります。車券については、1着を当てる単勝、1着と2着と当てる連勝複式や連勝単式、1着と2着と3着を当てる3連勝複式と3連勝単式があります。一番当たりやすい車券は、1着を当てる単勝になっています。単に、1着を当てることなので、当たる確率は9分の1になっているので、当てやすいことでメリットはありますが、配当金はかなり安いので、デメリットになります。1着と2着と3着の3連勝単式の車券については、3人の順位を当てなければなりませんので、確率的には、非常に高いので、購入時には、1着と2着を固定にして、3着になりそうな者を流して買ったり、4人や5人などで決めて、ボックスで買ったりと、いろんな方法で購入するのですが、そうすると、点数が多くなてしまい、高くなってしまいます。しかし、的中になると、配当金が高くなることが多いので、相当期待することができます。開催しているところでは、車券を買うことができますが。そうでないところも、場外車券売り場として運営しているので、車券の購入をすることができます。購入する際、マークシートで塗りつぶして、機械や窓口で購入しますが、塗るところを間違えてしまうと、自分の買いたい車券が買えなくなってしまうので、購入する際は、確認をしまければなりません。注意が必要になってしまいます。車券を購入することができたら、レースを観戦します。レースでは、9名の選手で競い、約6周走ります。残り1周になると、ジャンという金がなり、レースの展開が動いてきます。ゴール前では、迫力のあるものを見ることができます。車券を購入する際には、選手の特徴やレース展開を詠まなければなりません。枠順や、出身地、脚足、得意コースなど、いろんな要素があるので、どの選手が適しているかを予想していかなければなりません。予想屋や予想新聞などの情報収集なども必要ですし、オッズとか見て、購入金額を決めて買うとか、いろんな要素は必要ですが、それらをクリアして、レースを見るのも、楽しみの一つであります。