道交法。安全運転でマナーの向上をしましょう。

最近は健康志向と環境保全の観点から自転車を乗る方が増えてきています。
車種も多様に街なかを走る自転車を見ていても楽しいのですが、その中でもロードバイクのかっこ良さは特別です。
ロードバイクの最大の特徴は矛の自転車を圧倒するスピード感です。
それ自体を楽しむことはとても良いことですが、最近はマナーと安全を気にしていない方も見受けられ、事故も増えています。
平成23年ですが全国の交通事故で自転車の死亡率は全体の13パーセントを占めています。
このことからも十分に注意が必要です。
そこで、最低限知っておいた方が良いルールを確認しましょう。
まずは、自転車は軽車両であることを認識して車道の左側を走ります。
もちろん飲酒運転はいけません。
そして、注意したいのが並進の禁止です。
数人で走っている方が横並びで走っていることは大変に危険ですし、まわりにも迷惑がかかるのでこれはやめましょう。
もし話をしたければ止まったときかインカムを使うなどで対応しましょう。
よく見かけるのが右折の時に交差点に侵入する事。
自転車は、交差点の端と端を渡って右折しなければならないのです。
いわゆる2段階右折です。
ロードバイクのオーナーの方は、マナーを守って運転していかないと規則がさらに厳しくなるかもしれません。
安全運転で行きましょう。

ロードバイクとライフスタイル。

自転車を乗りこなす子どもたちの姿があります。
数多くの現代人が、自転車というツールの利用経験がある、との意見があります。
小さな時期から自転車を乗っていたという人々も大勢いるかもしれません。
ガソリンや電気などの動力を用いる事なく、人力で動作させる事が出来る自転車というツール、大人になっても、自転車を愛用する人々も少なくないです。
通勤や通学に自転車を利用する都会の人々も多いです。
場所によっては、自動車やバイクなどよりも、自転車の方が素早く目的地に到達できるパターンも、世の中には珍しくありません。
昨今ではエコロジーの観点からも、自転車が再評価され始めています。
ロードバイクなどの本格的な製品を買う大人も現れ始めています。
一般的な自転車では満足できない、上級者の層も増え始めています。
最近では身近なお店においても、ロードバイクの取り扱いが増加しています。
関連製品が街の自転車ショップやネット通販店に置かれて来ています。